いのち短し、遊べよボドゲ

静岡県御殿場市からボードゲームのレビュー、プレイ記をお届けします

◎  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎  ごきぶりポーカー 

ごきぶりポーカー

嫌な生き物達を他人に押し付けろ!

写真_resize_20130825_210058

プレイ人数3~6人
プレイ時間 15分


【ゲーム紹介】
ゴキブリ、ネズミ、カエル、カメムシ
ハエ、サソリ、クモ、コウモリ
世間では嫌われている8種類の生き物が書かれたカードがあります。
(1種類8枚ずつで合計64枚)
img20130825_210938.jpg


これをシャッフルしてプレーヤーに配りきります。


で、適当な人から始めて他のプレーヤーへ
裏向きでカードを一枚渡します。
そして、生き物の名前を相手に宣言します。
「これはゴキブリです」って感じに。

この時カードの表面に書かれた名前を言ってもいいですし
8種類の中から好きな名前を言って嘘をついても構いません。

渡された人は次の内どちらか選択します。
①宣言された生き物が本当か嘘かを宣言する。
②カードの表面をこっそり見て他のプレーヤーに渡す。

この時、同じ様にカードの中身を宣言しなければりません。


①を選んだ場合はカードを表面に向けるのですが
渡されたプレーヤーが「これはゴキブリです」と宣言した場合
カードの表面が
ゴキブリだったら渡したプレーヤーがカードを引き取ります。
ゴキブリではなかったら渡されたプレーヤーがカードを引き取ります。

渡されたプレーヤーが「これはゴキブリではないです」と宣言した場合
カードの表面が
ゴキブリだったら渡されたプレーヤーがカードを引き取ります。
ゴキブリではなかったら渡されたプレーヤーがカードを引き取ります。

で、引き取ったプレーヤーから同じ事を繰り返します。



同じ種類の生き物を4枚引き取った人の負けでゲーム終了!


【感想】
★★★☆☆

初のブラフゲーでした!
最初やった時は面白すぎて何回連続でやったか分かりませんw
しかも、無駄に喋るから時間がかかったw
「さそり座なのでこのカードからはサソリの匂いかするw」とかね。
そして、ゲーム終了後は人が信じられなくなるのと
無駄に「これは○○です」と言うようになります(笑)


同種類3枚引き取った所からゲームの真骨頂です。
完全に標的にされますw
周り回って最後にカードが来たら上手くかわしましょう。
それでも、すぐに次が来ますがw

最初は判断の材料が少なく相手の性格、言動などから読み取るしかないですが
ゲーム後半になると自分の手持ち、場に出ているカードから推理していく事も可能です。
でも、勢い大事!うちではノールックパスとかもありますよw
それでも勝てますw

小学3年生の子供でも楽しくプレイしてたので
家族とかで遊んでも平気かと。
ただ、嘘を平然と付ける子に成長する恐れがあるのでやりすぎ注意です(笑)


メビウス ごきぶりポーカーメビウス ごきぶりポーカー
()
メビウス

商品詳細を見る
スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

Trackback

トラックバックURL:http://1338364.blog.fc2.com/tb.php/6-cb9d2093


back to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。