いのち短し、遊べよボドゲ

静岡県御殿場市からボードゲームのレビュー、プレイ記をお届けします

◎  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎  FOR SALE 

FOR SALE
FOR SALE1


プレイ人数 3~6人
プレイ時間 約20分

【ゲーム紹介】
建物を安く買ってその後、買った建物で小切手を買うゲームです。

使用する建物。1~30までの価値があります。
ダンボールハウスから宇宙ステーションまでよりどりみどり!
FOR SALE3

小切手カード。最終的な点数になります。
FOR SALE2

最初に配られるお金。こちらも最終的には1金1点となります。
FOR SALE4



このゲームはフェイズが2つあり、
前半が手持ちのお金で競りを行い、建物を獲得するフェイズ。
後半が前半に競り落とした建物で数比べを行い小切手を獲得するフェイズ。

★前半フェイズ★
建物の山札からプレイヤー人数分のカードをオープンする。
FOR SALE5

適当に決めたスタートプレイヤーから「値付け」をするか「パス」のどちらかをする。

「値付け」をする場合、手持ちから任意の額のお金を提示する。
次のプレイヤーは前のプレイヤー以上のお金を提示しなければなりません。
FOR SALE6

「パス」をする場合、建物カードの一番小さい数字から獲得する。
その後、提示したお金の半額(端数は切り捨て)を取り戻して半額は支払います。
(旧版ルールでは端数は切り上げです。切り上げた方が面白いです)

ただし、1番最後までパスしなかったプレイヤーは提示した
金額全てを支払わなければなりません。

建物の山札が切れるまで繰り返し。


★後半フェイズ★
小切手の山札からまたまた人数分オープンにします。
FOR SALE7

先ほど獲得した建物カードを1人1枚ずつ隠して選び、一斉にオープン。
一番建物の数値が高いプレイヤーから小切手の額が一番高いカードを獲得していきます。
FOR SALE8

小切手の山札が切れるまで繰り返します。


最終的に小切手カードと手持ちのお金の合計額が一番高いプレイヤーが勝利です。


【感想】

★★★★☆

プレイ時間20分前後ですが競りの楽しさが味わえる
ゲームで結構、お気に入りです。

競りは一周値付け方式なのでどこで降りるかがすごく悩みます。
1番最後まで残ると全額支払わなければいけないのでなるべく2番目で
降りれるように値付けするのがポイントですが、そう上手くはいきませんw
誰が上家かも結構、重要!


前半で競り落とした建物がそのまま点数にならないので
後半の頑張りようによっては勝負になるのもいいですね!


スタンプス程の濃密さは無いのでこのゲームで競りに
慣れてスタンプスをやれば流れ的にはばっちりです!
(スタンプスやりたいだけw)


ひとつ気になる点はお金がペラッペラッな所、正直薄すぎて萎えます。
なんか適当なコインでプレイした方がいい気はします。


フォー・セール 日本語版フォー・セール 日本語版
()
Gryphon

商品詳細を見る
スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

Trackback

トラックバックURL:http://1338364.blog.fc2.com/tb.php/46-e3f7f458


back to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。