いのち短し、遊べよボドゲ

静岡県御殿場市からボードゲームのレビュー、プレイ記をお届けします

◎  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎  パンデミック 

パンデミック

脅威の感染速度を誇るウィルス。
このままでは人類が滅びる…
治療薬はまだかっ!
DSC01403.jpg


プレイ人数 1~5人
プレイ時間 約45分

【ゲーム紹介】
プレイヤーは研究員となって世界に蔓延していく
ウィルスと戦い人類を救うゲームです。
ウイルスvsプレイヤーとなっており全員で協力しあうゲームです。
DSC01407.jpg

ゲームの大まかな流れとしては
(1)プレイヤーの行動
(2)プレイヤーカードを引く
(3)感染カードを引く
となっています。

(1)プレイヤーの行動
プレイヤーの勝利条件は4種類の治療薬を作る事!
治療薬を作る為にはプレイヤーカードと呼ばれるカードを
同色5枚集める必要があります。
DSC01424.jpg

このプレイヤーカードを集めたりウィルスを退治したりする為に
プレイヤーは自分の手番で以下のアクションを4つ組み合わせて行動できます。

①移動
下に移っているオレンジ色の駒がプレイヤー駒です。
色々な移動の種類がありますが1アクションを消費して都市間を移動します。
DSC01411.jpg

②調査基地の設置
治療薬は調査基地でしか作成できません。
また、移動の際、調査基地から調査基地へ移動する事もできます。
DSC01412.jpg


③治療薬の作成
調査基地でプレイヤーカード同色5枚を捨てる事によって治療薬を作成できます。
DSC01405.jpg

④感染者の治療
四角いキューブがウィルスとなっています。
今いる都市のウィルスを1コマ取り除きます。
(写真はプレイヤー駒がいませんねww ミスったw)
DSC01414.jpg


⑤知識の共有
普通にプレイヤーカードを集めるのは困難必死!!
その為、同じ都市にプレイヤーが2人いる場合にこのアクションを使う事によって
今、いる都市のプレイヤーカードの受け渡しができます。
DSC01415.jpg


(2)プレイヤーカードを引く。
プレイヤーカードを2枚引きます。
ただし、このプレイヤーカードの中にはエピデミックというカードが
含まれておりエピデミックはウィルスの感染が加速度的に進んでしまいます。
DSC01417.jpg

エピデミックの内容は
①感染率の上昇
 感染カードを引く枚数が増えます。
(初期は2枚ですがゲームを進めると3枚、4枚に増えていきます)
DSC01416.jpg

②感染
 感染カードの山札の一番下からカードを引き、ウィルス駒を3個置く。
(ミラノを引いたらミラノに3個置きます)
DSC01418.jpg

③感染度合いの増加
 感染カードの捨て札をシャッフルして感染カードの山札に置きます。
DSC014192.jpg

③の処理が本当に怖い今まで引いた都市がまた出るので
同じ都市にウィルスがまたばらまかれます。


(3)感染カードを引く
感染率の枚数分カードを引いて出た都市にウィルス駒を置きます。

ここで、3つ以上ウィルスが置いてあった都市にウィルスを置こうとすると
アウトブレイクが発生します!!
アウトブレイクとは隣接した都市にウィルス駒がばらまかれます。
DSC014202.jpg
DSC014212.jpg

このアウトブレイクが8回起こると人類は滅亡してしまいます。
また、プレイヤーカードが無くなるか
ウィルス駒が置けなくなってもプレイヤーの負けです。


そうなる前に治療薬を集めましょう!!

【感想】

★★★★★

このゲーム、ほんまに良く出来ています。
ウィルスが爆発的に広がるシステムでの恐怖感の煽り方
そして、ギリギリでのゲームの決着のドキドキ感。
1手1手を考えて進めていかないと負けてしまうので
考え所も十分です。


システム的には少し慣れが必要ですが
1ゲームもすればすぐに慣れます。
というか初回は絶対、ウィルスに負けますので
間違いなく「もう1回!!」って言う声が上がりますw
私がやったゲーム会では5回連続パンデミックもありましたww


このゲームをやって面白くないって声を聞いた事が
ないので私の中では初心者キラーです。
ただし、熟練者とやると熟練者が仕切ってしまって
初心者がゲームに入れないので
ゲームをやる前に熟練者には釘をさして置いた方が無難です。
この前、その様な事があったので...
DSC01409.jpg


僕の持っている版は売り切れて新版が出ていますので
今、買うならこちらです!

パンデミック:新たなる試練 日本語版パンデミック:新たなる試練 日本語版
(2013/08/01)
ホビージャパン

商品詳細を見る

パンデミック ゲーム紹介 レビュー
スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

Trackback

トラックバックURL:http://1338364.blog.fc2.com/tb.php/17-fb57c901


back to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。