いのち短し、遊べよボドゲ

静岡県御殿場市からボードゲームのレビュー、プレイ記をお届けします

◎  スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

◎  ドミニオン 

ドミニオン

おかいものっ!おかいものっ!
DSC01393.jpg


プレイ人数 2~4人
プレイ時間 約45分

【ゲーム紹介】

ドミニオンとは領土を意味しています。
プレイヤーは地方領主となって自分の領地を拡げていきます。

ゲーム目的だけ見ると陣取りゲームなイメージですが全く違いますw
なんせ、ボードは使わずカードのみですw
しかしこのゲーム面白いですよ!
なんせ、ドイツゲーム大賞に輝いていますので。


このゲーム準備が大変です。
場にはお金カードを3種類(銅貨、銀貨、金貨)と
土地カード3種類(屋敷、公領、属州)。
また、このゲームのメインとなるアクションカード10種類が用意されます。
DSC01394.jpg


そして、各プレイヤーには銅貨カード7枚と屋敷カード3枚が配られます。
これをシャッフルして山札として置き、
上から5枚をめくって手札とします。
これにて準備完了。
DSC01397.jpg


ゲームの手順としては以下のようになります。
英語の頭文字を取って俗にABCフェーズと呼ばれてます。
①アクションカードを使う。(Action)
②お金カードを使って場のカードを買う。(Buy)
③使ったカードと手札を捨て札置き場に置く。(Clean)

①アクションカードを使う。(Action)
手札にあるアクションカードを使う事ができます。(原則1回)
使ったカードは自分の前に出します。
DSC01400.jpg

ただし、アクションカードはゲームスタート時には
何も持っていないので使えません。
3ターン目からようやく使えるようになります。(後述)

アクションには色々な効果があり、代表的なのは
アクション数を増やす。
・山札からカードを引く。
・使えるお金を増やす。
・買える回数を増やす。
となっています。

このアクションを上手く組み合わせていく事でコンボが成り立ちます。
DSC01402.jpg

また、相手に呪いを振りまくカード等も存在します。

②お金カードを使って場のカードを買う。(Buy)
場に出ているカードはお金で買えます。
使ったお金カードは自分の前に出します。
下に示しているのがカードの価値ですが
これだと5金払う必要があります。
DSC01396.jpg

DSC01398.jpg

だだし、カードの購入は原則1回のみです。
2回購入したかったらアクションで購入回数を増やしましょう。

③使ったカードと手札を捨て札置き場に置く。
①と②で使ったカードが自分の前に置かれています。
それと未使用の手札をまとめて捨て札の山にします。
DSC01399.jpg


その後、山札からカードを引いてくるのですが
10枚使いきると山札がなくなりますよね?

山札からカードが引けなくなった場合、
捨て札の山をシャッフルして新たな山札にします。
こうして買ったカードが使えるようになるわけです。



アクションカードが3種類無くなるか
属州カードの山が切れたらゲーム終了。

土地カードに書かれている点数を合計して一番、
点数を持っていたプレイヤーが勝利!!


【感想】

★★★★★

このゲーム、かなりの中毒性を持ったゲームになっています。
はまる人はかなりはまるでしょう。
なんせ、アクションカードは基本セットだけで25枚あります。
どのアクションカードも効果が違い、それをランダムでゲームに使う事が出来る為
組み合わせはほぼ無限大(実際、拡張も8つぐらい出てるので)


また、このゲーム勝利点である土地カードを買いすぎると
次にカードを引く時に土地カードばっかりになってしまい。
なにも出来ずに自分のターンが終わってしまう事があります。
なので、自分のデッキの中身を把握して土地カードを買わないと
大変な事になってしまいます。

どのアクションカードを使ってコンボを組むか
土地カードを買うタイミングはいつがいいのか
かなり、悩ましいです。
本当におススメします!!


ただし、このゲームはやり慣れていくとソロプレイ感が半端ありません
ひたすら目的のカードを買ってシャッフルしていくだけになっていくので
そうなっていくとつまらなくなってしまうかなと。
ま、そこまで慣れるまでには何十試合もしないとダメでしょうけどねw


基本セットで強いのはまぁ
「村」「鍛冶屋」コンボでしょう。
得に多人数で「民兵」がいるとかなり有利です。
僕の好きなプレイは「鉱山」で圧縮していくプレイですが
この方法で対人は買った事がないです(><)


ドミニオン 日本語版ドミニオン 日本語版
(2009/04/10)
ホビージャパン

商品詳細を見る
レビュー
スポンサーサイト

COMMENT FORM

  • URL:
  • comment:
  • password:

Trackback

トラックバックURL:http://1338364.blog.fc2.com/tb.php/16-f23137bc


back to TOP

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。